#26 カラコレ

2〜多人数用カードゲーム。色を集めて得点を競う。同じ色を沢山集めるほど点が高い。また多く捨てられている色も点が高い。

 

使う物

  • 5色のカード各7枚
  • ワイルドカード2枚

始め方

  • くじ引きで順番を決める。
  • 37枚のカードをよく切って山を積む。
  • 5枚ずつカードを配って手札にする。

 

進め方

  • 番が来たら山から1枚引き、1枚捨てる。
  • 捨て札は色ごとにまとめておく。
  • どれかの色が4枚捨てられたらゲーム終了。
  • ワイルドカードはどの色としても捨てる事ができる。
  • 山から引く代わりに、前のプレイヤーが捨てた札を貰って自分の手札に加える事ができる。ただしその直後に4枚目になるカードを捨ててゲームを終わらせなくてはならない。
  • 4枚目が捨てられたらゲーム終了。それを拾う事はできない。

 

得点計算

  • 手札の各カードは、場に捨てられている同じ色のカードの数だけ得点になる。例えば赤のカードが3枚捨てられていれば赤1枚につき+3点。
  • 手札の中で最も多いカードの枚数の2乗が得点に加算される。例えば同色カードを3枚持っていれば+9点、4枚なら+16点、5枚なら+25点。
  • ワイルドカードは得点にならない。
  • 最多得点者の勝ち。
  • 同率一位が複数いた場合、ゲームを終了させたプレイヤーの勝ち。
  • 例えばAとBが同率一位でCがゲームを終了させた場合Cの優勝になる。

 

バージョン2

  • 最多枚数によるボーナスは1,3,6,10,15
  • 捨て札が4枚になった色は1枚につき-1点。

 

バージョン3

  • 色札各9枚、ワイルド4枚
  • 捨て札を拾うルールを廃止。
  • 枚数によるボーナスは3枚で+3、4枚で+7、5枚で+12

#26 カラコレ” への2件のコメント

  1. 友達とやらせてもらったんですけど楽しかったです!
    二人が一番いい気がしますね
    人数多いと読みきれなくて読んでも仕方なくて運の要素が大きくなりますし。
    同色四枚だと0点になるのはめちゃくちゃ画期的?ですね!
    最初はバージョン1でやっててみんな四枚目をなかなか出さなくてゆっくりして盛り上がりにかけたんですけど四枚目0点ルールだと相手が集めてる色を増やすのかの選択が生まれるのがいいですね
    四枚目置かれた!うわぁーーー!!
    みたいなww
    バージョン2の手札ボーナス三枚役の点数軽減も二枚役でも勝てるようになって運ゲーじゃなくなったのも良かったです

    どの色が価値高いかがわからない先行が不利すぎると思いました
    なので自分たちは「最初に山ふだからどれかの色が二枚になるまでめくる」
    ということにしたのですがどうでしょう?
    これだと早く終わっちゃうので五枚目が出たら終了にして。
    枚数ボーナスは調整中なのですが。
    それと読み合いを増やすためにワイルドカードがもっと多くてもいい気がします

    長文、生意気サーセンしたーww

    まだ調整中でしたらバージョン4まっております!!

    • ドーモです! まだまだ改良して行きたいのでどんどんフィードバックを下さい!

コメントは受け付けていません。