#45 強欲な5人のごろつき

2人用バッティングゲーム。1〜5のカードを出して宝を取り合う。


コンポーネント

  • 強欲な連中カード(1〜5各2枚)
  • 宝カード(1〜5各1枚)

ゲームの準備

  • 強欲な連中カード1〜5各1枚をそれぞれのプレイヤーに配り手札にする。
  • 宝カードを混ぜて表向きに1列に並べる。

遊び方

  • 各プレイヤーは手札から1枚選び一斉に出す。
  • 大きい数を出した方のプレイヤーが左端の宝を手に入れる。
  • 使った強欲な連中カードは捨て札になる。
  • これを5回繰り返して宝を集める。
  • 同じ数字を出した場合は左端の宝を右端の宝の上に載せる。最後に勝ったプレイヤーがそれらの宝を全て手に入れる。

決着

  • 手札が無くなった時点でより多く宝を集めていたプレイヤーの勝ち。
  • ただし10点以上集めてしまうと負け。宝の重みで帰り道が崩れてしまうのだ!

 

( ・3・)<メガトンコイン(小声)

#41 Not My Fault! (最終版)

2〜8人用ブラフカードゲーム。伏せた札の合計値を申告して次へ回す。以前のプロトタイプと別物になってしまったので新しい記事で。


コンポーネント

  • 進捗カード32枚
    • 0:2枚
    • 1〜6:各5枚
  • マイルストーンカード1枚
  • ポインタカード1枚
  • イエローカード8枚
  • レッドカード8枚

ゲームの準備

  • マイルストーンカードを全員から見える場所に置く
  • 進捗カードを全て混ぜ合わせて山札にする
  • 席順と初手番プレイヤーを決める

遊び方

  • 最初のプレイヤーは山札から1枚取って確認してから裏向きに置き、マイルストーンカードにポインタカードを重ねて数を申告する。嘘をついてもよい。
  • 以降のプレイヤーは次のどちらかを行う。
    • 自分もカードを1枚伏せ、前のプレイヤーより大きな数を申告する。
    • または「監査!」と言って全てのカードを表にする。
      • 伏せられた進捗カードの合計が申告された数より小さければ、直前のプレイヤーがレッドカードを1枚受け取る。
      • 進捗の合計が申告以上であれば、監査したプレイヤー自身がレッドカードを1枚受け取る。
  • 申告できる数は1〜30
    • 5/8/12/17/23/30以外の数は各プレイヤー1ラウンドに1回だけ申告できる。
    • 30を申告したら「完成」を宣言する。全ての札をめくり、30に達していればその時点で(ラウンドでなく)ゲームに勝つ。達していなければレッドカードを1枚受け取る。
  • 以上でラウンド終了。出された全てのカードを捨て札にし、前のラウンドで監査を宣言したプレイヤーから新たなラウンドが始まる。
  • 誰かがレッドカード2枚に達したら負け。残り全員が勝利。

#44 ぷにぅダイス

5個のダイスを3回まで振って役を作るゲーム。1人〜多人数。
( ・p・)<ヤッツィーの亜種やんけ 言うてくれるな>(・ε・ )


用意するもの

  • 6面ダイス5個
  • 得点表
  • 鉛筆

準備

  • 順番を決める
  • 得点表を配る

手番の流れ

ダイス5個を振る。2回まで振り直しができ(合計3回)、その度にどれを振り直すか自由に選べる。その後得点表のまだ記入していない役を1つ選び、得点失点を記入する。それぞれの役はゲーム中に一度しか選べず、また手番のたびに必ず1つ選ばなくてはいけない。

 

ゲーム終了

全員が8回ずつ手番を行ったらゲーム終了。得点表の得点と失点を合計する。失点が多い場合は得点が減らされる(後述)。最も最終得点の高いプレイヤーの勝ち。

 

得点ルール

役ごとに「当てはまるダイス」が決められている。例えば5sは5の目だけ。それ以外の余剰ダイスの目の合計値が失点になる。例えば55542で5sを選択したら得点15と失点6を記入する。

役一覧

  • 6s:6の目の合計が得点 それ以外の目が失点
  • 5s:5の目の合計が得点 それ以外の目が失点
  • 4s:4の目の合計が得点 それ以外の目が失点
  • 3s:3の目の合計が得点 それ以外の目が失点
  • 2s:2の目の合計が得点 それ以外の目が失点
  • 1s:1の目の合計が得点 それ以外の目が失点
  • チャンス:高い方から3つの目が得点 それ以外の2つが失点
  • カインド:1種類の目を選び、合計に関係なく10点 それ以外の目が失点

失点によるペナルティ

  • 30まで:何もなし
  • 31+:最も得点の高い役1つが取り消され、その得点を失う
  • 41+:最も得点の高い役2つが取り消し
  • 51+:最も得点の高い役3つが取り消し
  • 61+:最も得点の高い役4つが取り消し
  • 71+:最も得点の高い役5つが取り消し
  • 81+:最も得点の高い役6つが取り消し
  • 91+:最も得点の高い役7つが取り消し
  • 101+:全部取り消しで0点

 

( ・3・)<失点を抑えつつ得点を伸ばそう

Not My Fault! ver.2.0

2〜人用ブラフカードゲーム。伏せた札の合計値を申告して次へ回す。


コンポーネント

  • 進捗カード32枚
    • 0:2枚
    • 1:5枚
    • 2:5枚
    • 3:5枚
    • 4:5枚
    • 5:5枚
    • 6:5枚
  • イエローカード 人数+1枚
  • レッドカード 人数+1枚
  • 進捗ボード(1〜30の数値)

 

ゲームの準備

  • 進捗カードを切って山にする
  • 席順と初手番プレイヤーを決める

 

遊び方

  • 最初のプレイヤーは山から進捗カードを1枚引き、数値を確認してから伏せる。
  • 数値を申告して進捗ボード上で示す。
  • 以後のプレイヤーは、まず前のプレイヤーの申告を信じる(引き継ぎ)か疑う(監査)かを選ぶ。
    • 信じる場合は同様に進捗カードを引いて伏せ、伏せられた全てのカードの合計数を申告する。必ず前のプレイヤーより大きい数を申告すること。
    • 疑う場合は伏せられた全てのカードを表にする。申告以上であれば監査したプレイヤーの負け。未満であれば直前のプレイヤーの負け。
      • 1ラウンド負けるごとに「レッドカード」を1枚受け取る。
      • レッドカード2枚で敗北、ゲーム終了。
  • 5/8/12/17/23/30以外の数値は申告の際に「イエローカード」を1枚取らなくてはいけない。1ラウンドに2枚イエローカードを取るとそのラウンドは負けになり、レッドカードを受け取る。
    • ラウンドが終わったらイエローカードは無くなる。
  • 30を申告したらその場で「完成」を宣言する。伏せられたカードを全て表にし、合計が30以上であれば即座に(ラウンドでなく)ゲームに勝利する。30未満であればレッドカードを1枚取る。
  • 誰かがレッドカードを取ったら1ラウンド終了。進捗を0に戻し、監査/完成を宣言したプレイヤーから次のラウンドが始まる。
  • 誰かが脱落するか完成させればゲーム終了。

 

c⌒っ・p・)っそのうち売ります

 

#43 宝探し

「A4の紙1枚に収まるダイス2個の1人用ゲームを作れ」という課題に対応して即席に拵えたもの。


用意するもの

  • 鉛筆
  • 6面ダイス2個

準備

紙に次の様に書く。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

黄金のスカラベ(5個)

ファラオの仮面(7個)

水晶のドクロ(9個)

不死の膏薬(4個連続する数字)

若返りの泉(6個連続する数字)

 

ゲームの流れ

プレイヤーは冒険家になって宝探しに出かける。一度出かけたら未発見の宝物を1つ持ち帰るか、諦めて途中で帰って来る。全ての宝物を集めれば勝ち。その前に3回失敗したら負け。

 

遊びかた

  • ダイスを2個振る。
  • 出た目のいずれかの数字か、両方か、または2つを合計した数字を選び、紙に書かれた数字の下にチェックマークを付ける。
    • 例えば3と4が出たら「3」「4」「3と4」「7」のどれかを選んでチェック。
  • これを繰り返して、十分に多くの数字にチェックが付いたら宝物を持ち帰れる。
    • 例えば5つの数字にチェックが付いたら「黄金のスカラベ」を持ち帰ってよい。
    • もっと良い宝物を求めて冒険を続けてもよい。ただし1回の冒険で持ち帰れる宝物は1つだけである。
  • 同じ数字を2回チェックしてはいけない。ダイスを振ってチェックできる数字が無かったら、その冒険は失敗する。
    • 2度チェックした数字の上にバツ印を付けて封印する。ゲームの終わりまでその数字をチェックすることはできない。
    • ただし「不死の膏薬」か「若返りの泉」を手に入れた時、バツ印を1つ取り消すことができる。
  • 上手く行くと思えなかったらダイスを振る前に諦めて帰ってもよい。その場合、好きな数字を1つ選んでバツ印を付ける。
  • 宝物を持ち帰るか、失敗するか、諦めたらその冒険は終わり。数字に付けたチェックマークを全て横線で消す。
  • 持ち帰った宝物にはチェックマークを付ける。同じ宝物は1度しか持ち帰れない。
  • 以上の流れで繰り返し冒険に出かける。
  • 全ての宝物を持ち帰ったら勝利。
  • その前にバツ印が3つ付いたら敗北。

 

( ・p・)<どうやって泉を持ち帰るんだよ (・ε・;)

#42 レモンポーカー

2〜人用トランプゲーム。親の作った2つの手のどちらが強いか当てる。


遊び方

  • 親プレイヤーを決める。もう一方は子になる。
  • トランプデッキ(52枚)をよく切る。
  • 共通カードとして2枚を表向きに置く。
  • 親のホールカードを引く。
    • 裏向きのまま親だけが見ることができる。
    • 5枚を1組として2組引く。
    • 組は引いた時点で固定され、カードを入れ替えることはできない。
  • 親はそれぞれの組のカードを数字の大小に従って並べる。
    • 小さい方が左。
    • 違うスートの同じ数字はどの順番でもよい。
    • Aは最大として扱う(Kの隣)。
  • 親はそれぞれの組ごとに2枚を選んで表に返す。
  • 子は裏向きのカードを1枚選んで表に返す。
  • 子はどちらの組が強い手になるかを予想して賭ける。
  • すべてのカードを表に返す。
  • それぞれの組ごとに、ホールカード5枚と共通カード2枚の中から5枚を選び出して最も強いポーカーの役を作る。
  • 予想の成否に応じて賭け金を払い戻す。

 

( ・3・)<まだ作ってる途中だよ

ナショナルエコノミー 過剰売却ルール詳細

「ナショナルエコノミー」の賃金支払い時に建物を売る際の厳密なルール。


原則1:現金が足りない場合、売却可能な建物があれば売らなければいけない

原則2:どれをどの組み合わせで売ってもよい

原則3:必要を超えて建物を売ることはできない

これは「売却後に手元に残る現金が売った建物のうちどれか1つの価値以上になってはいけない」と読む。つまり「あ、これ売らんで良かったわ」という事になってはいけない。

例1:不足額$10。手元には$10の建物と$20の建物がある。$20の建物を売るのは合法

例2:不足額$20。手元には$10と$18と$20の建物がある。$20の建物を売るのは合法。$10と$18の組み合わせで売るのも合法。$20に加えて他の建物を売るのは不可

 

この3についての詳しい挙動が説明書には記載されていない。そもそも過剰に建物を売ることは殆どの場合本人の不利益であり、ゲームに実際上の影響を及ぼすことが滅多に無いからである。煮詰まった対戦などで厳密なルールを適用したい場合は上記のガイドラインに従うべし。

#41 Not My Fault!(仮)

2〜5人用ブラフカードゲーム。伏せた札の合計値を申告して次へ回す。


コンポーネント

  • 進捗カード35枚
    • 0:4枚
    • 1:7枚
    • 2:12枚
    • 4:8枚
    • 8:4枚
  • マイルストーンカード8枚(2/3/5/7/11/13/18/25)
  • 戒告カード11枚

 

ゲームの準備

  • マイルストーンカードを卓上に順番に並べる
  • 進捗カードを全て混ぜ合わせて7枚ずつ配る(残りは取り置く)
  • 席順と初手番プレイヤーを決める

 

遊び方

  • 最初のプレイヤーはまず手札を1枚裏向きに置き、マイルストーンカードのどれかを上にずらして数を申告する。嘘をついてもよい。
  • 以降のプレイヤーは次のどちらかを行う。
    • 自分もカードを1枚伏せ、前のプレイヤーより大きな数のマイルストーンを申告する。
    • または「監査!」と言って全てのカードを表にする。
      • 伏せられた進捗カードの合計が申告されたマイルストーンより小さければ、直前のプレイヤーが戒告カードを1枚受け取る。
      • 進捗の合計が申告以上であれば、監査したプレイヤー自身が戒告カードを1枚受け取る。
  • 最後のマイルストーンが申告されたら次のプレイヤーは監査しかできない。
  • 以上でラウンド終了。出された全てのカードを捨て札にし、前のラウンドで監査を宣言したプレイヤーから新たなラウンドが始まる。
  • 誰かが3戒告に達したら負け。残り全員が勝利。
  • 全員の手札が無くなったら捨て札と最初に配らなかった進捗カードを全て混ぜ合わせて5枚ずつ配る。

 

( ・3・)<発売は来年ですね (・q・ )

マゴス パッチv1.1

1人用モードのバランス調整パッチ


変更の目的

運次第でAIの挙動が過度に強烈になるのを防ぎ、難度をややマイルド化する。

 

ルール変更点:

敵のダイス目がターンごとに固定される。つまり実際にダイスを振るのでなく下のダイス表を参照し、ターン数に応じてその目が出たものとして扱う。

例えばフロストトロルの1ターン目は「1」と「6」でミスと6ダメージ。2ターンめは「3」と「5」で両方ミスとなる。

ダイス表は全ての敵で共通。

  1. 1-6
  2. 3-5
  3. 2-4-5
  4. 1-2-2-3
  5. 5-6(または5-6-6-6。6は1個分しか数えないのでどちらでも同じ)
  6. 2-3-4-6
  7. 1-2-3-6
  8. 3-4-5-6
  9. 以下6〜8をループ

 

作者から一言

1人用モードが急ごしらえの為に不安定なバランスとなってしまい、プレイヤーの皆さんに申し訳なく思っています。壊れたゲームをリリースして後からパッチで直すのは褒められた慣習ではありませんが、壊れたままにしておくよりはまだ良いだろうという判断から調整ルールを作成しました。悪名高いライオンやデーモンも現実的な討伐難度に収まっています。どうぞお楽しみ下さい。